佐藤嘉洋はウソつきです | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

名古屋JKF キックボクシングフィットネスジム-佐藤嘉洋はウソつきです

佐藤嘉洋はウソつきです


img_6548

AbemaTVのキックボクシング中継でゲスト解説

どうも皆さん、こんにちは。
名古屋JKフィットネスマネジャーの佐藤嘉洋です。
今月のコラムの題を見て、ドキっとした方もいるかもしれません。

「え?ウソつきがトップにいるジムなの?」

はい、私はウソつきです。

疲れているときも、私は顔に出さないように努めています。
眠たいときも、私は顔に出さないように努めています。
話のタネにすることはあっても、それによって会員さまを心配させたり、遠慮させてしまってはいけない。
何度も何度もマイナス感情を聞かされると、うんざりしてしまいますよね。
私もまだまだ弱い人間なので一度くらいは弱音を吐くかもしれませんが、激弱ではないので二度三度は言いません。
自分の気持ちに正直になるときも必要ですが、それを接客に持ち込んではならない。
昨日の災難によって私の気持ちが落ち込んだことなんて、お客さんの知ったことではありません。
聞きたいのは、

「昨日災難があって落ち込んだけど、いろいろと悩んで考えた結果、今は解決したから大丈夫だ」

という前向きな気持ちなのです。

お金をもらって仕事をしている以上、プロフェッショナルです。
プロとしての姿勢は、「あなたの笑顔を見に来た」とお客さんが来るような明るい気持ちで働かなければ。

お客さんを明るい気持ち、前向きな気持ちにして帰ってもらう。

2007年に事業を立ち上げて、口を酸っぱくしてスタッフに伝え続けてきたことです(来年8月でとうとう創業10年になります!!)。

img_6565

中村保育園で毎月キックボクシングを教えることになりました

私の母校は名古屋市北区にある杉村小学校です。
ここの校訓が、なかなか良いのです。

明るく つよく 力いっぱい

そして私の会社の経営理念が

明るく生こまい

なので、子ども心の深層心理に良い思想を植え付けてもらったなと。

ボロは最初から見せておけ

ジム内において、我々インストラクターのことを尊敬してくださることは、とてもありがたいことです。
しかし、そこで調子に乗って「俺が一番だ!王様だ!」というような気持ちになってはいけません。
教える職業に就くと、人間というものは勘違いしやすいもの。
私たちはキックボクシングインストラクターのプロなのですから、知識はあって当然ですし技術もあって当然。
会員さまから慕われるような人格を形成しないといけませんし、私たちも一人ひとりの会員さまに愛を持って接することを心がけなければなりません。

え?グラビアアイドルの画像収集が趣味のマネジャーがいるジムなんて御免だって?
いや、表立って公言しているだけで、人は誰しも他人には言えないことの一つや二つはあるはずです。
私は恥をしのんで、それを公言しているだけです。
それに、私の佐藤嘉洋ランキングは、局地的にとても人気を博しております。
ランキングが気になる方は、ぜひ私のツイッターをご覧ください。
佐藤嘉洋ランキング2016秋の陣』の発表も10月下旬~11月に控えております。
ちなみにこれが『佐藤嘉洋ランキング2016夏の陣』です。

img_5897

1位(上段左)・川村ゆきえ→
2位(同中)・佐々木希⤴︎
3位(同右)・石川恋⤵︎
4位(中段左)・内田理央→
5位(同中)・石原さとみ⤴︎
6位(同右)・長澤まさみ↑
7位(下段左)・小嶋陽菜↑
8位(同中)・中村静香⤵︎
9位(同右)・小島瑠璃子⤵︎

ボロは最初から見せておくと、生きるのがとても楽です。
あんまり格好つけてるのも疲れてしまいますからね。
そこの部分では、私は自分に正直なのかもしれません。
女性会員さまは呆れているかもしれませんが、仕事はしっかりとやっておりますので、「またバカなこと言ってる」と大目に見てもらっています。
魅力あるポージングなどを知りたかったら、気軽に聞いてくださいね。
私は、妄想の中で自己完結していますので、セクハラまがいの気持ち悪いことは一切しません。
人畜無害です。ご安心ください。

チラシ配りをしていたら、秋らしくないまるで絵のようなキレイな花が。朝顔?

さあこれからも私は、自分にウソをつき続けて、明るくつよく力いっぱい、明るく生こまいの精神で、落ち込むときは落ち込むけれど、「もう何とでもなれだ!」と、どこかで吹っ切って狂人のように「わっはっは!」と笑い飛ばし、人生をそれなりに楽しく生きて死んでいこうと決めております。

もしよろしければ一緒にどうですか?

年内はほぼレギュラーでジムの門番をしております。
お気軽にお電話やお問い合わせからご連絡くださいませ。

明るく生こまい
佐藤嘉洋

こんな記事も読まれています