真の勇者を目指している人が営むジムです | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

名古屋JKF キックボクシングフィットネスジム-真の勇者を目指している人が営むジムです

真の勇者を目指している人が営むジムです


皆さん、こんにちは。
佐藤”一文無し”嘉洋です。

何が一文無しって、キックボクシングに興味を持ってこのコラムを見た方には「何がなんだか」でありましょう。
ということで以下のリンクをご参照ください。

ライブドアショックのときと、現役引退のときも一応トップ飾りました

そうなんです。私佐藤嘉洋、空き巣に遭って大半の資産が一夜にして消し飛んでしまったのです!

私の奇天烈な発言のおかげか、このニュースはヤフートップを飾り、まるで2008年の魔裟斗戦の翌日かのように、友人知人からじゃんじゃん連絡が来ました。

「なぜか私のところに、みんな連絡してくるんですけど……」と、苦笑いしている様子が目に浮かぶLINEも元カノから届きました。

「それはご迷惑をおかけしました。俺と縁あって付き合ってしまった以上、一生ついて回りますので、今後ともよろしくお願いいたします」

という気持ちです。

スポーツ各紙にも大きく掲載された

ところで、私は常々思っていたのです。
良いときばかり立派なことばかりを言っていて、自分は果たして逆境に立たせられたときにどういった心情になり、そしてどういった対応をするのだろう、と。

そして、とうとう今回の空き巣被害に遭いました。まさに

人生の窮地

であります!!
1億資産があるうちの1000万円ではないですからね。
もっともっと比率は高いです。
だから、とても痛い、とても辛い、とても悲しい。

しかし!!

いきなり急転直下、真っ逆さまに突き落とされたあと、私はなんと

なかなか面白いことが起こったぞ

と、この状況を楽しみ始めている自分がいたのです。

空き巣翌日の取材で私はこう言いました。

「個人資産は全てなくなったので、自分の人間としての価値が試されるのかなって思っています。いつもと変わらない行動や生活が出来れば、本物の勇者になれると思っているんです。」

それから3週間近く経ちましたが、いつもと全く変わらない行動や生活が出来ている。むしろ空き巣前よりも元気かもしれない(笑)

もともとは大変な臆病者でビビりな人間でしたが、私はキックボクシングを通じて心身ともに人として強くなり、真の勇者への道を歩んでいると確信しました。

強かったのではなく、強くなった

のです。
このジムでキックボクシングフィットネスを楽しんでもらえれば、ひょっとしたらあなたも人として強くなり、なるべく明るく生きる心を持つキッカケになる……かもしれません(断言はまったくできない、人それぞれですからね)。

私は経営者です。
経営は儲けてなんぼです。
空き巣でさえも商売に活かします。
私の商魂は只者ではありません。
自分の不幸を売りにしてみっともない、と言われようがなんだろうが関係ありません。

邪魔だ、どけ、俺の人生だ

という気持ち。
でも、私は、真の勇者を目指す道を歩んでいるのですから、排他的になってはいけません。
勇者には仲間が必要です。
ルイーダの酒場で共に戦う仲間を探しています。
それが私にとっては、このジム、名古屋JKFなのです。

ただじゃ終わらねえぞ

空き巣童貞卒業記念に「ただじゃ終わらねえぞ」Tシャツも発売されました。
商魂凄まじき。
幸福も不幸も全部、自分の心が決めている。
不幸に見えたものは、とりあえず面白いことが起こったぞ、と楽しんで、あとは空元気でもいいから笑い飛ばすが吉。
人は楽しそうなところに集まってくるのです。

邪魔だ、どけ、俺の人生だ。
でも……
もしよかったらご一緒しませんか?

ただね……

明るく生こまい
佐藤嘉洋

こんな記事も読まれています