ギリギリに行っても、対応してくれた! | 名古屋JKフィットネス | キックボクシングジム

ギリギリに行っても、対応してくれた!


詰まっている仕事を一区切りさせて(できてないけど・・)、今日もトレーニングに行こうと決めたのが、夜の20時。

確かジムは、平日は夜の10時までの営業だったので、行けてもギリギリかな・・・と思いながら、向かいました。

 

今回は、急いでいたこともあり、近くのコインパーキングに駐車。
50分200円 ということは、60分トレーニング + 着替えなどをしても、400円か・・。

電車で往復行くのと、あまり変わらないな・・と確認。

2014-09-22 20.38.35

食品とかのお買い物をすることがあるなら、近くにはイオンがあるから、ちょっとだけお借りするとかならできるのかも。
ただ、あくまでもお買い物があるなら・・だよね。あくまでも・・。

到着したのは、夜の8時45分くらい。なんとか間に合った。

2014-09-22 20.42.22

しかし、遅かったということもあり、この時間帯は僕しかいなかった。
少し気まずい(汗)
もしかして、「誰も来なかったら帰れるのに・・」と、うっとうしがられたらどうしよう・・。
そんな考えがよぎった。

「すみません・・・まだ大丈夫ですか・・?」

おそるおそる確認した所、僕の浅はかな考えとは裏腹に、即答で「大丈夫です」とのこと。
しかも先生は、すでにスタンバイを開始してた。

 

よっしゃ、今日もがんばるぞ。

 

筋肉が落ちて、脂肪がつきやすくなってきた!

ちなみに、一部ネットで報じられた(笑) 痩せてる疑惑だけれど、今現在の裸体はこんな感じ。
胸毛とか、そういう話題は別にどうでもいいの。

 2014-09-22 20.43.402014-09-22 20.43.33

本当に、筋肉が落ちていて、姿勢が悪くなっていて、
それが原因でお腹が出るようになってきてる。

これは、まずい。

「痩せてる」を、「締まってる」に、変えたい。

だって、体脂肪は今日も元気に18.7%なんだから・・・。

筋肉が落ちてきて、脂肪がついているって、
このまま行くと(現在も?) 中年太りまっしぐらじゃないか・・。それはまずい。

2014-09-22 20.04.01

 

タイムラプスで練習風景

今回は、練習風景を通しで撮影させていただきました。

その様子を、6分弱のタイムラプスにまとめてみてます。


※BGMは、煉獄庭園様 http://www.rengoku-teien.com

 

柔軟をするけれど、

IMG_4611.Still001

 

身体がかたくて、これ以上いかない・・・

IMG_4611.Still002

 

 

縄跳びをするけれど・・・

IMG_4611.Still003

すぐへばる・・・

IMG_4611.Still004

 

シャドーをしても、手打ちになってしまっている。

IMG_4611.Still005

 

でも、今日のインストラクター 竹村先生にフォームを改善してもらって、少しずつ様になっていく(気がする)。
写真はぼけてるけど。
IMG_4611.Still006

 

やっぱり楽しいのは、ミット打ち。
これは、自宅ではできない。

リングに入る時に、ロープの間をくぐるのもまだ緊張する。

IMG_4611.Still007

 

竹村先生は、教え方が上手くて、
ちゃんと1つずつ分解をして教えてくれます。

「まずは、ジャブを改善しましょう」

「さっきより、良くなりましたね。
 今度は、右ストレートを改善しましょう」

「おっと、右に気を取られて、左がおろそかになりましたね。
 じゃぁ、今度はセットでやってみましょう」

と、相手のレベルに合わせて、1つ1つ丁寧に、問題を解きほぐすように修正してくださるので、

「おぉ・・なんか、オレできてきたんじゃね?」と、すぐに思える(笑)

 

IMG_4611.Still008

でも、その楽しさって、大事だと思うの。

できないことが、できるようになる喜びが、継続の喜びに繋がるんだと思う。

竹村先生は、最初はクールな印象で、「怖い人なのかな・・」とちょっと思ったけれど、
指導が入ると、すごく丁寧で、わかりやすい。

いろんなキャラクターのインストラクターさんがいて、
もちろん、自分に合った先生がいる時にばかり行くのもいいと思うけれど、
いつもの自分とは違った目線での指導をいただける機会って、大人になるほど大事だよな・・と思う。

IMG_4611.Still009

せっかく、フィットネスジムで身体を鍛えてるんだから、
心の筋肉もトレーニングしたいよね。

 

サンドバッグが楽しくなってきた

今回、ミット打ちの次に楽しいと思ったのは、サンドバッグ。

1回目よりもコツを掴めた部分があったので、楽しくなってきた。

 

すごく、当たり前のことを言うぜ。

サンドバッグは、パンチを打つと揺れる。

確実に。

josef
出典: ネットに落ちていたジョジョ画像

 

そのタイミングとのやりとりが、少し楽しくなってきた。

IMG_4611.Still010

動かないから、いいんじゃなくて、動くからいい。

左でジャブを打つと、少しだけ向こうに揺れてくれる。
だから、一歩踏み出して体重をのせることができる。

初心者って、面白いですね。
ほんの少しのことで、新しい感覚を楽しむことができる。

 

これからはじめる人は、新しい発見の連続で、楽しいと思う。

もちろん、疲れるけれどね。

 

でも、50分間同じ景色の道を走り続けるわけじゃないというのが、意思の弱い僕にとってはいい。

10分おきくらいに、次のプログラムに移るから、変化もある。

インストラクターさんの声かけとか、
いっしょの時間にジムに来た人の目とか、やっぱり意識をするから、

「格好」をつけたくなる。

 

いつもの、だらけてしまう自分よりも、ちょっとだけ気持ちを盛ることができる感じ。

 

佐藤選手が言っていた「脳から痩せる」という言葉に共感する。

 

動くから、その場だけ痩せるんじゃない。
普段の生活の中とか、何気ない行動の中から、「痩せる選択」をする、脳を作る。

そうすると、体型や意識を維持することができる。

 

この考え方って、仕事をしている人にとっては、すごく重要な考え方だと思う。
トレーニングで、締まった身体だけでなく、心身ともに自分を鍛える意識も培いたい。

二日目、お疲れ様でした!