挨拶ができる子 | 名古屋JKフィットネス | キックボクシングジム

挨拶ができる子


受付でコツコツ、

SCSSとPHPと格闘している水野です。

 

受付に座って、黒い画面を見ています。

 


今日は、丸一日、受付に座らせていただきました。

その中で、お子さまの会員様が、2名いらっしゃりました。

 

そのうちのお一人については、

パソコンの手を止めて、キックのミット持ちをさせていただいたりしました。

 

自分にも娘ができたので、

「あぁー、女の子がキックをするというのは、こういう感じかぁ」

 

と、将来、自分の娘にもやらせてあげたいなって、

内心ニマニマしていました。

 

 

さて、

二人のお子様に共通していたことがあります。

 

それは、

「挨拶に対する意識」

 

格闘技だからなのか、

習い事だからなのかはわかりませんが

 

親御さんが、

「ちゃんと挨拶をしなさい」と、きちんと指導されていたんです。

 

お子様も、少し照れながら、

「ありがとうございました」と、お礼を言ってくれました。

 

習い事は、全般そうなのかもしれないんですが、

僕にとっては、新鮮な感じがしました。

 

「親御さんとしては、強くなりにきているというよりは

キックボクシングを通じて、子どもに何かを伝えようとしているんだなぁ・・」

 

と、感じた1日でした。