正会員から正社員になった渡邉インストからの提案 | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

正会員から正社員になった渡邉インストからの提案


キックフィットとしてのミット持ちの技術も着実に上手に

 

キックフィット体験を経て、ジャパンキックフィット(以下、JKF)の正会員になり、そしてほとばしるキックフィットへの情熱もそのままに、JKFの正社員にまでなってくれた渡邉インストラクター(ツイッターでは茶髪のイントラとして投稿)が、会員さま同士の持ち合いミットに関してのアドバイス&提案書を作成してくれました。
以下、引用しますのでご参考ください。

 

持ち合い時のコンビネーション一例

  1. ジャブ、1・2
  2. ジャブ、1・右フック
  3. ジャブ、1・2・左フック
  4. ジャブ、1・右アッパー
  5. ジャブ、1・2・左アッパー
  6. ジャブ、1・右ボディストレート
  7. ジャブ、1・2・レバー
  8. 右ストレート・左フック、右ストレート
  9. 左アッパー・右ストレート
  10. 左フック・右ストレート
  11. 右フック・レバー

蹴りを含めたコンビネーション

  1. ジャブ、1、右ミドル
  2. ジャブ、1・2・左ミドル
  3. 右ミドルストレート、右ミドル
  4. 左ミドル右ストレート・左フック
  5. 左フック・右ロー
  6. 右アッパー、奥足ロー
  7. インロー、右ストレート
  8. 右膝、右ストレート
  9. 左フック・右アッパー、左膝
  10. 左前蹴り、右ミドル
  11. 右前蹴り、右ストレート

 

※サウスポーは左右反転させる

、の所は一歩踏み出す(ミット側は一歩下がる)

・の所はその場でコンビネーションとして続けて打つ

 

「質問等ある場合ワタナベインストラクターが受け付けます。」

ミットの持ち合いについて

まず始めに皆さまはどの様な目的で当ジムに入ったのでしょうか?ダイエットしたい?身体を鍛えたい?強くなりたい?技術を身につけたい?それらの要望を全て満たしたトレーニングがミット持ちです!

〇ミットを持つ利点

・身体が鍛えられる

相手の打撃を堪える事により体幹、腕が鍛えられます。腕立てや、腹筋を50回、100回実施するのは退屈じゃないですか?ミットを3分2ラウンド持っているとあっという間に時間は過ぎますし、生半可な筋トレより身体が鍛えられます。(嘘だと思う人は一日30ラウンド以上ミットを持っている茶髪イントラの身体を見てください。)

・技術力が向上する

第一に打撃を堪える事により体幹が安定しフォームがブレなくなります。そして人のフォームを正面から見る事により良い所、悪い所がハッキリわかり良い所を取り入れ、悪い所は自分のフォームにあてはめて修正したりできます。

第二に距離感が分かる様になります。蹴りとパンチでは有効な距離が変わってきます。蹴りの中でも膝と前蹴りでは有効な距離が違うし、パンチでもジャブとレバーでは有効な距離感が違います。この距離感を掴むには対人練習が最も効果的で、ミットを持つ事でスパーリングよりも安全にソレを見につける事ができます。(コレはスパーにおいても攻撃においても、防御においても非常に大事な感覚です。)

・人とコミュニケーションがとれる

同じジムで練習していてもきっかけがないと中々会話が発生しません。互いにミットを持つ事により会話をする機会が生まれます。この会話をきっかけに飲みに行ける位仲良くなりましょう(笑) ※互いに必ず『お願いします』『ありがとうございました』と挨拶しましょう。

総評

格闘技は個人競技です。練習も一人でやるものが多いです。縄跳び、シャドー、サンドバック、基本的に一人で自分と向き合ってやる練習です。しかし、格闘技は対人競技でもあります。一人では強くなれません。ここはフィットネスジムなのですが、キックを名乗っている以上会員様同士でコミュニケーションをとっていただきたいです。なので、ミットをやる方は積極的にミットの持ち合いをして頂き、会員様同士の絆を深めて欲しいと考えています。(怪我等でミットを持てない方、どうしてもフォームを修正して欲しい方はインストラクターまで御申しつけ下さい。)

byワタナベインストラクター