エヌオのナイケドアリタイ日記『新たな場所』 | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

エヌオのナイケドアリタイ日記『新たな場所』


こんにちは。

名古屋JKFの池下店のオープン直前でドキドキワクワクフワフワ。

どうもエヌオです。

 

 

『新瑞橋で人気爆発』の看板を掲げ、名古屋JKFの新店舗がついに2018年7月1日、池下にオープンします。

 

という事で今回は改めて新瑞橋でキックフィットをしていて良い所をいくつか。

 

 

まず『駅直結という便利過ぎる場所』

通いやすいというのは楽しく通う為の大きな条件のひとつですよね。

電車なら雨の日も傘を出さずに楽に入ることが出来ます。

 

新瑞橋店あるある。

帰りに傘を忘れがち。

 

 

『適度なスペース』

個人的にはこのサイズ感は好きです。

広々とはしてませんが狭々でもありません。

そこそこな人数になるとジム内の熱気を感じ、共に汗を流す仲間とも打ち解けやすい距離感です。

抽象的な表現になり伝わりにくいと思いますが、これは体験してもらわなければ分からないですね。

 

新瑞橋店あるある。

ミット打ちに夢中になっていてインターバルにふと周りを見ると、いつの間にかリング回りにギャラリー居がち。

 

 

そしてこれが私の一番好きな点。

『アットホームな雰囲気』

本当に格闘技のジムなのか?というほどの空間になっています。

皆さんそれぞれのペースで楽しみながら喋り、または黙々とトレーニングに励み、そしてそれをダラダラしながら眺めているだけだったり。

特にスパーリングにはそれがよく表れていると思います。

お互い探りながら力加減を合わせ、終わった後は平気でお互いに手の内をバラし合って談笑したりします。

これはゆるーく楽しめる範囲でしかスパーリングをしない特徴だと思います。

 

新瑞橋あるある。

スパーリングの準備をしながら、あの人は今日は来ないのかな?と思ったり話していると、その人がジムに現れて急いで身体を整えて参加しがち。(これもゆるいスパーリングならではですね。)

 

さて池下はどんな空間になるでしょうか?

どうか皆様の居心地の良い場所に。

 

新たな場所でも

レッツ、キックフィット!