三輪裕範編訳『超訳 努力論 幸田露伴』 | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

三輪裕範編訳『超訳 努力論 幸田露伴』


私の趣味は努力です

私の趣味は努力です。

努力することが好きです。
「それってなんの意味があるの?」と人からバカにされればされるほど、私の努力したい燃料は満たされていきます。
辛いときもありますが、好きだから続けられます。
人生、楽なことだけしたいとは全く思いません。
人生、好きなことをなるべく多くしたいと願っています。

自分の中で決めたことを、粛々と淡々とやり続ける。

若いころはなかなか物事も長続きしませんでした。
習字もそろばんもエレクトーンもお絵かき教室も、中途半端な形で辞めました。

小学校のとき、日本トップレベルのリトルリーグに所属していました。
練習がきつくてきつくて、2週間に1回くらいは精神的な腹痛で練習を休んでいたほどです。
「へなちょこ佐藤」というニックネームまでつけられました。
しかしながら、私はその有り難くないニックネームをつけられたことで、へこたれることはありませんでした。
実際に「へなちょこ」だと自覚していたから。
ただ事実を述べられたのみです。
そんなヤツに信用が積み重なる訳がないのです。
自分で自分に苦笑いするしかありません。
結果で見返すしかないのです。

辞めたくてしょうがない時期もありましたが、母親からの励ましもあり、なんとか卒団までがんばることができました。
初めて物事を完遂できた経験でした。
自分の人生を振り返ってみると、この経験がとても大きな自信になったことが伺えます。
ここから私に根気が芽生え、そして育ち始めた気がします。

自分が最初に自信をつけたキッカケは、母親からの支えがあったからこそ、なのです。
私はJKF(ジャパンキックボクシングフィットネス)を通じて、継続力の尊さを伝えていきたい。
会員の皆さんに1ミリでも継続力がつくような発言・工夫を凝らしてJKFを運営しているつもりです。

天上天下唯我独尊

努力は絶対に裏切りません。
筋肉が裏切らないのと同じです。
努力と結果は必ずしも繋がりません。
しかし、「これだけの努力をした」という経験と自信は、間違いなく自分自身に刻み込まれています。

周りから見て、「それは大した努力じゃない」とバカにされても大丈夫です。
自分の中で本当に「本気で努力をした」という自信があるのなら、何を言われてもまったく構いません。

少なくとも私はあなたをバカにしません。
あなたが「本気で努力をした」というならば。

心の強さ・頑丈さは人それぞれ。
まずは自分の中で目一杯努力して、自分の中に自信をつけ、自分が自分の一番の味方になってやりましょう。
自分を好きになりましょう。

私は自分が好きです。
だから辛いことも耐えられます。
自分を好きなことと楽をさせることとは似て非なるものです。

自分を好きになりましょう!

天上天下唯我独尊とはそういうことなのでしょうね。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

明るく生こまい
佐藤嘉洋