キックボクシングとは

キックボクシングは元々タイの国技ムエタイに対抗するために生まれた格闘技です。

パンチやキックはもちろん、ヒジ打ちやヒザ蹴りも攻撃可能な競技として知られています。また、首相撲という特殊な技術もあり、打撃格闘技でありながら組み技もある程度認められています。
近年、名古屋においてもキックボクシングは盛り上がりを見せており、多くのプロキックボクサーが名古屋から生まれております。

キックフィットとは

R_MG_0096

キックボクシングでプロになるためには、厳しい練習や減量を耐え抜かなければなりません。生半可な覚悟では大怪我の元になったり、計量失敗で多方面に迷惑をかけてしまいます。

そこでJKFは「楽しい」「面白い」「スッキリする」部分を中心に抽出した「キックボクシングフィットネス(略してキックフィット)」 を開発し、研究しています。

キックボクシングのフィットネスとしての潜在能力は高いです。2011年からここ新瑞橋で一所懸命運営し続け、コツコツコツコツ皆さまのおかげで2018年にはJKF池下をオープンできました。

キックボクシングは全身運動です

キックボクシングは、ホットヨガやランニングなどのメジャーなフィットネスに負けず劣らず、楽しく運動できるスポーツだと自負しております。

キックボクシングの間口はまだまだ狭く、一般の方にはなかなか触れる機会のない競技です。しかしこれからは違います。ジャパンキックボクシングフィットネス、JKFはその間口を広くしていきます。

キックボクシングで名古屋から日本を元気に!

スパーリングについて

キックのガードまでテクニックを習得した会員さまは、下記の動画のようなスパーリングも行なうことができます。希望者のみですのでご安心ください。

基本的にはタイミングの合った会員さま同士で行います。相手の指名制度はございませんのでご了承ください。無理矢理スパーリングをやらせるようなことも絶対にしません。

また、スパーリングは身体と身体がコンタクトするため、強い力ではないとはいえ怪我をする可能性は0%ではないです。勝負ではないのですから、お互いに楽しめるよう、お互いに思いやりをもってお願いいたします。

JKFでは、動画のようなゲーム感覚のスパーリングしかできません。相手を打ち倒すのではなく、相手とのテクニック合戦を楽しみましょう。

目先の小さな勝負に拘っていると、いつまで経っても技術的に進歩しません。相手とスピードを合わせて、自分だけが攻撃するのではなく、ときには相手の攻撃も受けてやりましょう。それが結果的にカウンターを生むチャンスにもなり、攻防が生まれ、軽くでも観ていて面白いスパーリングになります。

レッツ、キックフィット(チャレンジブログの浅野インストラクター風)!!