研究し、努力し「続ける」こと | 名古屋JKF | キックボクシングフィットネスジム

名古屋JKF キックボクシングフィットネスジム-研究し、努力し「続ける」こと

研究し、努力し「続ける」こと

カテゴリー:

JKF会員の皆さん、こんにちは。マネジャーの佐藤嘉洋です。

体幹トレーニングで追い込んだ翌日にK-1MAXの同窓会がありました

昨年12月の出張の際に、高校の同級生で元JKF会員001が都内に通っている体幹トレーニング専門のパーソナルトレーニングを受けてきました。

大変勉強になったので今月も勉強がてら追い込まれてきました。

心肺的にはミットやサンドバッグの方がキツイですが、身体的には現役を引退してから一番追い込んだかも……。

しかしながら、キックフィットにプラスアルファして取り入れると、かなり有効なトレーニングだと感じております(だから再訪しました)。

プラスアルファで自重トレーニングを推奨

キックボクシングの動きは全身運動ですし、インナーマッスルや体幹も十二分に鍛えられます。

けれど、当たり前ですが、完全に万能な運動というわけではありません。

すべてに置いて万能なトレーニングは存在しません。

この専門的な体幹トレーニングを学ぶことで、キックボクシングでは鍛えづらい細かい部分を補佐する形で取り入れたいなあと。

私のような元アスリートのドMには、体幹トレーニングのみに終始しても楽しいです。

しかしながら、運動未経験者には精神的にちょっとキツいかも、と思います。

ですので、JKFの会員さんには、キックボクシングで楽しく運動してもらったあと、体力に応じてプラスアルファでお教えしています。

もちろん希望者のみです。

無理やりやらせることはありませんのでご安心ください。

キックボクシングで名古屋から日本を元気に!

複数の競技の動きを取り入れると、主とする競技のパフォーマンスが更にアップするクロストレーニングという説があります。

私は現状、この説には肉体面・精神面において賛成です。

やはり人間ですから飽きというものが来ます。

それをいかに新鮮味を感じたまま継続できるかどうか。

JKFではキックボクシングフィットネスを主としながら、自重トレーニングを中心に、怪我の可能性の低いものを選択して会員さんのレベルに応じて提供していきます。

勉強心・研究心・そして努力

大事なのはインストラクターの勉強心・研究心。

そして一番大事なのは、トップであるマネジャーの私が一番勉強し、研究し、努力し「続ける」ことです。

今月ご紹介したい動画は、現役時代に大変勇気づけられた講演です。

ぜひ見てください。

心が奮い立ちます。

今からでもできる。まずはやってみよう。

という気持ちがこの動画を見て生まれてきた言葉です。

明るく生こまい
佐藤嘉洋

こんな記事も読まれています